家を建てる

家を建てる

最後まで一緒に進めて
いきましょう

家づくりのスケジュールを知らないと、地図を持たずに知らない土地を旅するようで不安です。
焦らず一つ一つ納得しながら進めてください。
それが、家づくりに失敗しないための唯一の方法です。

02
工事着工からお引渡しまで

01 ご契約式

弊社にてご契約式をさせていただきます。営業・設計・工事部・お施主様と一緒に夢をかたちにさせていただきます。

ご契約式

02 解体工事

長年の思い出がたくさん詰まったお住まいの解体です。 ちょっぴり寂しいようですが新しいお家に思い出も一緒に持っていって下さいネ。

03 地盤調査

ジャパンホームシールド株式会社によるSWSおよびSDS試験を行います。

地盤調査

人生で一番大きいお買い物だから。安心・安全に進められますように

04 地鎮祭

お清めは神主様にお願いして厳かに地鎮祭を行うことができました。工事中の安全とお客様のご家族の繁栄を祈願していたします。

地鎮祭

05 着工のお打ち合わせ

着工前にあらかじめご検討いただいた仕様の最終打ち合わせを行います。

契約したらいよいよ工事着工です!

06 防湿工事

この「防湿シート」を敷くことによって家の一番の大敵である、地面からの湿気をシャットアウト。さらにベースコンクリートで覆いますのでより安心です。

07 基礎配筋工事

ベース筋は直径13mmの異形鉄筋を150mmの間隔で仕上げています。標準仕様のベタ基礎ですので安心です。

08 上棟工事

基礎が完成し建て方工事へ。初日に土台工事、二日目にレッカー出動して建て方、三日目には屋根仕舞まで進みます。

上棟工事

いつまでも、いつまでも見守ってくださいますように...

09 上棟祈念式

ご家族のお家への思いを祈念して構造柱に祈念シールを貼って工事の安全と、ご家族様の幸せと健康を祈願していただきました!

上棟祈念式

10 構造躯体工事

土台が設置されて柱・梁そして2階床、2階柱と言うように工事は進みます。その土台・柱・梁等の構造材は乾燥材を使用しプレカット(工場加工)によって加工していますので、精度は文句無しです。

構造躯体工事

11 安全パトロール

弊社スタッフが社内検査とは別に月に1回安全パトロールを実施いたしております。現場で事故があってはお施主様にもご迷惑がかかりますので、現場の環境整備には社員全員が目を光らせています。

安全パトロール

12 法令中間検査

構造体ができ上がり図面通りに施工されているか、特定行政庁の厳しい中間検査を無事クリアー!引き続き断熱工事が進められていきます。

法令中間検査

請負契約に向けて進めさせていただきます!

13 10年保証住宅検査

中間検査に合格後、続いて10年保証住宅の検査を受けて無事クリアー!まだまだ工事は続きますので頑張ります。

14 ウレタン吹付断熱工事

吹き付けられたウレタン断熱材。外周の壁と屋根裏にギッシリ隙間無く施工しています。見るからに断熱効果が期待できそうでしょう。

ウレタン吹付断熱工事

15 現地打ち合わせ

図面ではイメージの掴みづらい部分を現地にて打ち合わせをさせていただきます。広さや明るさを実感することができます。

大工さんの腕がなります!

16 軒天井工事

棟梁がサイディング工事に備えて外部の軒廻りを仕上げていきます。外壁には防風・防湿・防水シートが貼られ通気層を作る縦胴縁が施工されています。

17 サイディング工事

壁内部の結露を防ぐため通気工法を採用。通気胴縁の上にサイディング(タイル仕様の場合はタイル下地専用サイディング)を施工します。

サイディング工事

18 大工工事

いつも現場でコツコツと頑張っていただいた大工さんの仕事が完了しました。続いて、クロス工事が入る予定です。クロス工事が終わり次第完了検査に入っていきます。

大工工事

19 クロス工事

大工工事が完了すると次はクロス工事です。下地を丁寧にパテ埋めして壁紙を貼ります。クロス工事が終わるといよいよ建物の完成です。

20 完了検査

工事が完了すると、特定行政庁による法令完了検査が行われます。もちろん、バッチリ合格です。並行してお客様の立会いのもと、確認・チェックをしていただきます。

完了検査

ご相談いただいてから平均だいたい1年半くらいで完成です!

21 完成!お引渡し

お引渡しさせていただく時が一番緊張し、かつ一番楽しみな時なのです。定期点検やアフターメンテナンスと長~いお付き合いがこれから始まります。

01 ご相談から工事着工までのながれ

ページTOPへ